whats_new

5月定例会が開催されました。

2013-05-18-1431291このたびJ-FECは、5月18日(土)に5月定例会を開催いたしましたのでご報告いたします。

5月定例会は『父の日対策』をテーマに商品企画の考え方やギフト商材ならではの特性を研究いたしました。

今回の定例会は進行リーダー、酒のビッグボス村井さんのもと、キリンビールさんに会場をお貸し頂き開催されました。会場をお貸し頂いたキリンビール様、ありがとうございました。


情報共有 第一部 原商株式会社専務取締役 原和正様hara
http://www.rakuten.ne.jp/gold/echigo/

<プロフィール>
「越後銘門酒会」原商株式会社専務取締役
ドラッカー学会学員

早稲田大学理工学部卒。大手ビール会社の営業や企画部を経て、日本酒の酒蔵、地ビール会社で製造や商品企画に携わる。
その後実家の原商株式会社に入社。酒の卸売をメインにしていたが事業を大リストラし、ECに注力をする。ほとんど売れていなかった店を商品企画により9カ月で1000万円売る店に変革。
中小企業診断士1次試験を合格し理論武装を固め、その後独学でドラッカーを研究、趣味が高じてドラッカー学会に入会。独自の商品企画理論を実践中。月商ギネス4千万まで更新。
理屈と感情論を交えたスピーチは酒類販売業界で定評があり、年に数回のペースで講演を行っている。

<講演内容>
当店よりも販売額の多い方がお見えのところ、偉そうなことを申し上げるようで、大変恐縮しております。商品企画において、当社が行ってきたことが皆様の販売のご一助になれば幸いです。
楽天、ヤフー、ぐるなびで日本酒ジャンルの上位を誇るショップが、貴店で「父の日に売れる商品」を体系的に考える手順をお伝えします。
SWOT分析やポートフォリオマネジメント、ランチェスター戦略という小難しい理屈を、萌えやアイドル、プロレスなどの話を絡めた独自の商品企画論でわかりやすくお話します。

情報共有 第二部  株式会社あさ開 佐々木 伸一様yonai
http://www.rakuten.ne.jp/gold/asabiraki/
http://www.asabiraki-net.jp/osake/

<プロフィール>
株式会社あさ開個客営業課長
あさびらき十一代目 源三屋 店長
1972年岩手県大船渡市出身、法政大学経済学部中退。26歳まで無職。
… 1999年にあさ開直営のレストランにアルバイトとして運良く採用、2004年より楽天市場に出店。

ネット上の「近所の酒屋」をコンセプトに「積極的に新規リストを獲得しない」「メルマガは長くてくどいテキストのみ」「総アイテム数150」「名入れのお酒やらない」と、楽天市場ではやや特殊な店舗運営ながら「濃い」お客さんのおかげで、それなりに順調に店舗運営中。

楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2012
日本酒・焼酎ジャンル大賞受賞。

<講演内容>
あくまで「こうすれば売れます!」ではなくて「こうしたら売れました。」のお話です。
ただ、当店の場合は「売れているもの」をたくさん売る店舗ではなく、特別に知名度が高いわけではない「自社商品」をしっかりと価値創造・価値訴求して人気商品に育てた点で、
◆これから自社独自の商品のブランディングをお考えの皆様
◆大型店ではなくてもギフトで一定の売上をあげられるようにありたい皆様のご商売のお役に立てるお話が、少しばかり出来るかと存じます。
お話しさせて頂く内容としては・・・
当店の父の日ギフト売上の変遷と商品開発の経緯
※お客様の声が「お試しセット」を「日本酒No.1ギフト商品」に変えるまでをお話しいたします。
高いコンバージョンとリピートを生む「手厚い接客」と「陥りがちな罠」