whats_new

SEO、PPCを駆使し今すぐ検索エンジンからのアクセスを上げる極意共有会。7月定例会開催。

【無料セミナー】検索エンジン集客の達人が贈る『SEO、PPCを駆使し今すぐ検索エンジンからのアクセスを上げる極意』
商売に限らず、世界もどんどん変化が加速していなか、様々な情報を共有する事で互いに刺激しあい協力いたしました。


【1】「ペンギンアップデート」でアクセス激減!?
事例解説で知る最新のSEO対策法(80分)

昨年6月からGoogleは”やり過ぎたSEO”手法に制裁を加えるようになりました。
今年の4月には「ペンギンアップデート」というアルゴリズム変更を行い、
多くのECサイトがあらゆる検索ワードで順位を落とし、
中にはアクセス50%減という方も出ています。

そんな中SEOについて何が正しい情報なのか何をやってはいけないのか?を
解説します。また、Googleにおいて今後、「パンダアップデート」という
ECサイト泣かせのアルゴリズム導入も予定されており、
今のうちのやっておくべき予防策などをお話します。

<講師プロフィール>

(株)セルフデザイン・ホールディングス CEO 古澤暢央氏
http://www.self-design.jp/service/member/furusawa.html

年間1000万円で「スーパーアフィリエイター」ともてはやされる業界で
その10倍のパフォーマンスを1人で発揮、1年で1億円の収益を上げることに
成功し法人を設立。

大検を取得したのち、会社経営の傍らMBA(経営学修士)を取得するため
経営大学院に通い最先端のインターネット・マーケティング手法と伝統的な
経営理論を融合させ、教科書的な知識ではなく実践に使える経営戦略スキルを
編み出した近年は、顧客企業へのコンサルティング、各種講演・セミナー、
事業再生やM&A、インキュベーションを基軸にグループ9社を統括するCEOとなる。

『自社の商品が提供する価値はなんだろうか』
『商品を欲する人が検索するときにどんなキーワードを使うのか』
ということを徹底的にブレストし,日々徹底的に仮説検証し、試行錯誤を
繰り返すことで成果のあがるWEBマーケティング技術の向上に励んでいる。

(株)セルフデザイン・ホールディングス 常務執行役員矢萩浩之氏
http://www.self-design.jp/service/member/yahagi.html

2004年に就職した会社でインターネットでサイトを立ち上げることになりSEOを任される。
当時はインデックスされているページからのリンク数が多ければ上位表示できたので、
隙をついてあらゆるブラックハットを施工。見事上位表示できたテクニックを元に、
2006年に個人事業主として独立し、アフィリエイトで生計を立てるも、ある日突然
起こる順位下落に多々遭遇する。

その時にブラックハットSEOのリスクや事業としての難しさを実感し、SEOで最も
重要な事は「上位表示の継続」という結論に達する。
また、ECサイト運営を行うことにより、SEOで上位表示した後の問題点として
「検索エンジンからのアクセスに対する購入数の向上」「上位表示を継続すること」
「新たなワードを探し出すこと」を痛感する。

そのような自信の経験を生かし、ECサイトの為のSEOとしてコンテンツ追加による
集客ワードの模索と、ナチュラルリンクを基盤とした継続性のある上位表示の
研究を行なっている。

【2】今日から広告費を削減しつつ売上を倍増させる
PPC広告5つの改善ポイント (50分)

PPC広告の運用は広告代理店や社員スタッフに丸投げしてはいけません。
多くのケースでは無駄な検索ワードでのクリックに広告費を奪われ、
間違った広告文で客をライバルに奪われています。
今日すぐに止血できる売上につながらないキーワードの把握と回避方法、
すぐにクリック数が増える広告文の書き方・改善方法、劇的に検索ワード数を
増やす方法、1広告グループ1キーワードの原則など、図解と事例を中心に解説します。

<講師プロフィール>

(株)セルフデザイン・ホールディングス Webディレクター 成澤透氏
http://www.self-design.jp/service/member/narisawa.html

大学卒業後、システムエンジニアとしてSIerに就職する。
ISO9001(品質マネジメントシステム)、CMM(開発プロセス成熟度モデル )
の審査を通じて、プロジェクトマネージメントの理論と実践を共に学ぶ。
インターネットの未来に惹かれ、6年間のシステムエンジニア時代に
終止符を打ち、Webの世界へ。
業界大手ネットイヤーグループの制作部隊ネットイヤークラフトにて、
CMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用した大規模Webサイトの構築に携わる。

システムエンジニアの経験、プロジェクトマネージメントスキルを活かし、
セルフデザイン・ホールディングスの複数の自社メディア運営、
グループ企業のサイト立上げ・運営サポート等を3年間担当。
その経験を活かし、PPC広告運用代行・コンサルティングサービスを立ち上げる。

【3】実例から学ぶ”ECサイト売買市場”の現状 (30分)

“サイト売買”をご存知でしょうか?
サイト売買とは、文字通りWEBサイトを売却や買収し、事業の効率化を
図ることが可能な、個人様から大企業様までに活用されている、
今とても注目されているビジネスです。

事業を拡大させたい時に、事業が伸び悩んだ時に、
サイト売買が経営判断の選択肢の1つとしてあることを思い出していただきたい。
まずは、サイト売買がどのようなビジネスなのか、どのように活用したら
良いのかを実例と共に解説します。

<講師プロフィール>

(株)セルフデザイン・ホールディングス サイトキャッチャー事業部長小林秀彰氏
http://www.self-design.jp/service/member/kobayashi.html

幼い頃から調理師になることを夢見、高校卒業後に日本料理の老舗料亭へ就職。
しかし、理想と現実のギャップに悩み、調理師の道を断念。
その後は賃貸不動産の仲介会社に転職し、マネージャーとして、社員10名
のマネジメントおよび営業を担当。

集客のために利用したリスティング広告の集客力の凄さに鳥肌が立ち、
インターネットの世界に惹かれる。その後サイトM&Aと運命的に出会い、
「株式会社バトラァーズ サイトM&A事業部」に入社。
事業譲渡によりGMOインターネット株式会社へ転籍。
成約件数・売上№1のコンサルタントとして、サイトM&A業界を牽引した。
サイトM&A業界で一番実績がある男として日々サイト売買の普及に努めている。